Staff Interview 社員インタビュー

社員紹介

北川 猛  各部署 兼務 2004年新卒入社

  • Gateネクシスに入社した理由やきっかけを教えてください

    大学の求人募集を見て、就職活動を行っていましたが、多くは仕事を管理する業務で、技術を使って業務をする仕事が少なっか現状がありました。そんな中で、私は仕事をするにあたり、「手に職」をという考えと「何かを自分の手で作り上げたい」という気持ちが、強くあり、Gateネクシスは現場で技術を使った仕事をするという点と、通信という業務の中で、通信設備を作り上げるということが、思いに合っていたので、入社しました。

  • 現在のはどんな業務に携わっていらっしゃいますか

    主に2つのことを兼務していまして、ネットソリューション部の仕事として、オフィス向けの専用回線になる光をオフィスや企業の中で開通させるために、作業を行うことが多いです。またモバイル技術部では、携帯の基地局の装置下に大手通信会社様と中継するため装置があるのですが、そこの施工・設置を主に行っています。

  • 仕事をしていて、大変なことや、やりがいを教えてください。

    大変なことは、雨の日や、雪の時でも作業の日程は、安全が確保できれば変わることはほとんどありません。そんな中で作業の質や、遅れがないように対応することに注意を払っています。またお客様からも、様々なご要望をお受けしますので、それにお答えすることが難しい場合などに苦労することもあります。
    やりがいは、やはり大小関係なく、いいものを作り上げることができた場合は、やりがいを感じます。またうちの会社にしかできないと思った品質のものを作れた時も、やりがいに感じますね。ただただ仕様のまま組み立てるのではなく、少しでもいいもの、良質な品質のものを作り上げられるように日々作業を行っています。

  • 今後はどんなキャリアを積まれていきたいですか?

    生涯、前線で働きたいと思っています。ものを作りあげること好きなので、現場で作り続けたいと考えています。
    料理人の道場六三郎が、鯛をさばけなくなった時に引退を決めるとおっしゃていましたが、僕も現場で作業ができなくなった時、周りに迷惑をかけない状況までは、今の現場での仕事を続けたいと強く思っています。実際、通信にこだわりが強く、今もこれからも通信は絶対に必要です。生活の中でのスマート家電と呼ばれるものから、110番や119番などの人の命に関わるものも全て通信が必要です。ライフラインを担っている中で、この仕事に携わり続けることを大切にしていきたいと思います。

北川さんのGateネクシスを一言で表すと

この先、どんな新しいことが出てきても、
新しい技術も吸収して、やり遂げられる会社